大腸がんに要注意|血便がでたらすぐに病院へ

医者

初期症状と受診の目安

相談している女性

咽頭がんはがんの中でも比較的初期症状がはっきり現れやすいことが特徴です。声のかすれや喉の違和感などが1ヶ月以上続くようなら、念のために病院を受診しましょう。また、具体的な症状は咽頭がんができる部位によっても異なります。

Read More...

身体にやさしい

医者と看護師

自分の免疫力を高めることで病気などになりにくくする方法があります。それを免疫療法と言います。様々なクリニックで実施されている治療方法であり、確かな効果が得られるとして人気です。

Read More...

血便に気づいたら

大腸がんは死亡率が高いがんなので気をつけましょう。こちらで知識をつけることで、普段から予防することができますよ。

病気の可能性を疑おう

看護師

排便時に血液が混ざっているのを発見して、診察を受けました。腹部の触診でしこりなどを検査しましたが、特に異常はないとのこと。しかし血液検査で貧血がひどいことがわかり、X線検査でポリープのようなものが発見されました。これは、悪性なら大腸がんの可能性もあります。後日内視鏡を使い検査を兼ねて、ポリープを取り除くことになりました。大腸がんの可能性もあるので治療当日までは不安な日々を過ごしました。前日に下剤をかけて大腸を空っぽにして、次の日の治療に備えました。内視鏡は肛門から挿入するので少し恥ずかしい格好になりますが仕方ありません。ポリープはごく小さなもので簡単に取り除くことができました。それに、検査の結果がんではなかったということで一安心です。

体への負担の少ない内視鏡

内視鏡検査では、ごく小さなポリープやがん診断と治療を同時に行うことができます。痛みもほとんどないので、患者の体への負担はほとんどありません。大腸がんではなくてもポリープががんに変異することもあるので、早めの切除が大切です。大腸がんは粘膜に直接がん細胞が発生する場合もあるそうです。遺伝的な要因も大きく、家族や親族に大腸がんを発症した人がいる場合は発症の確率が高くなります。実際、両親とも大腸がんを発症していたので自分にポリープが見つかった時には、やっぱりという思いでした。幸い両親とも発見が早く、初期症状だったので完治して再発もしていません。その後は、食生活や生活習慣を見なおし、定期的に健康診断を受けています。健康的な毎日を送るには、このような予防や対策は必要不可欠です。

手術が有効である

病室

胆管がんの治療の基本は手術で、胆管だけではなく、そのまわりの臓器も切除することが多いです。例えば、肝臓の近くのがんだったら、肝臓を切除します。化学療法と放射線療法もあります。化学療法は点滴で抗癌剤を体内に入れ、放射線療法はがんに放射線を照射します。

Read More...

Copyright © 2015 大腸がんに要注意|血便がでたらすぐに病院へ All Rights Reserved.